シェアする

休日返上、大阪維新の会必死の活動

世間が3連休で休みの中、維新の会は目まぐるしく連日活動を続けている。

私も1日(土)は住之江区の片山一歩市議の事務所開き、3日(月)はお隣の田尻町で橋下代表、松井幹事長のタウンミーティングに参加した。

住之江区は橋下市長の出直し選挙の際、東徹府議が参議院議員に当選した為、府議不在となったので我師匠新田谷修司が担当として呼ばれた関係。

府議の中でも市長経験者はただ一人でミニ集会で集まった皆さんには、首長ならではの初めて聞く話だったようでで聞き入ってしまっていた。

特に「今の職を失うかもしれない改革をする維新の会の人を信じるか、自分自身の職を守らんがために改革に反対す人を信じるか」というフレーズには多くの人がうなずいていたことを思い出す。
田尻町での500名を超す多くの聴衆者に来て頂いたタウンミーティングでも大阪をなんとかしようと改革を休日返上訴えている政党か議会で結託して改革をただつぶすだけの行動をしている政党どちらを支持するか賢い大阪の有権者は分かっていると信じている。

Print Friendly, PDF & Email