シェアする

大阪維新の会戦士として泉佐野市議会議員選挙を戦って

大阪維新の会公認2名が無事に当選した。

2位 新田輝彦 2406票 6位 日根野谷和人 1931票

総得票数33.260票(投票率41.03%)

大阪維新の会候補者得票率 13%

公明党 23.2% 自民党 11% 共産党 7.4%

以上が主な政党の得票率であったが、公明党の強固な組織票は今回も健在であった。

大阪維新の会は前回の総得票数と比較すると若干増加していると思われ、これまでの実績と今後の方向性に間違いはないものと推測できる。

私の選挙を振り返ってみると、地域の支持層と維新支持層のバランスが今回は大きく政党支持に傾いたと感じる。それは19区の多くの同志が毎日手伝ってくれて、地元中心というよりは市内南部全体をエリアに選挙戦を展開した。

2回目の選挙はどうしても下がる傾向にあると自分自身思い込んでいたこともあってか、早くから動きはじめた割には燃える温度は沸点に達しておらず、反省すべき点は多々あると考える。

その反省点をもしも次に活かせるチャンスがあるのであれば、しっかりと書き留めておいて繋げて行ければと思う。その中で目標を置くとすれば、次回は少なくとも3名の候補者が全員当選し、私はその中で1番で当選できる様にしたいと考える。

いつも思っていることではあるが、選挙は市民の皆様による採用試験であり、当選はただ採用されただけ。これからその仕事場でどれだけの成果を挙げるかが最も重要である。

私は早速、この間云ってきたこと、お約束したことを実現するために、持てる力を100%発揮していく決意を改めて表明し、動いて行きます。

Print Friendly, PDF & Email

コメント

  1. 田中 より:

    先日、りんくう中央公園へ子どもと遊びに行きました。
    初めて行ったのですが綺麗な公園です。
    双子の子どもたちも嬉しそうでした。

    私たちは双子用ベビーカーだったので車椅子用の回るゲートを使って公園に入ったのですが、どこかの部分が錆びているのかとても大変でした。
    ウォーキングの道の他のゲートも同様でした。
    車椅子の人が一人で絶対に入れません。

    どうにかなりませんか。