活動報告・情報公開

平成30年度総務産業委員会行政視察
衰退しつつある全国の商店街の中でも、宮城県日南市油津商店街を生まれ変わらせた事例を調査研究する。
当時の全国最年少市長が公募で採用した木藤氏が独自のノウハウを駆使して新しい戦略で活性化を果たした内容とは
  1. 平成30年10月9日(火) 宮崎県日南市油津商店街
テーマ①「地域支援マーケティング推進事業について」
テーマ②「テナントミックスサポート事業について」
宮崎県南部の日南市では10月とはいえ夏の暑さが残る中の視察となった。
猫も通らない商店街と呼ばれ、シャッター街となった油津商店街が若い人材を入れ、地元には無い新しい発想で取り組みを行った事業である。
以前、同じ総務産業委員会視察で言った香川県丸亀商店街同様に1人の大胆な行動力を備えた人物が現れ、リスクも覚悟し地権者と新規出店希望を上手くマッチングさせることが成功の最大のカギであると感じた。
ポイントは株式会社を設立し不動産会社と指定管理事業者の両方の役割を担って空き店舗をIT関係会社に貸すことによって若者が街に増えることになり、まちに活気が生まれる。
この方法を本市の駅下商店街で実施することを考えるとしっかり地権者と借主との間に入って交渉出来る人材がまず現れることが最も重要なことだと考える。
更には油津市が広島カープのキャンプ地というブランドがあり、それに変わる本市のブランディングを構築することも大切である。
  1. 平成30年10月10日(水) 宮崎県宮崎市青島ビーチリゾート
テーマ 「青島ビーチ魅力アップ事業について」
本市にもマーブルビーチが存在するが、南国宮崎県青島ビーチ海岸とは全く違うロケーション。しかしインバウンドでにぎわう本市と九州一円からの観光客が訪れる青島は共に魅力あふれる施設を創り上げる必要がある。
宮崎市では行政が主導し、観光スポットを民間の団体代表を実行委員会の柱として4名の組織で海水浴客激減に歯止めをかけ、その後年々増加傾向に転じさせた。
若い人がおしゃれに海岸を楽しむ、イメージは黒のドレスに黒の大きな帽子の女性が似合う施設。
頂いた資料もハイセンスな雑誌を意識したようなタブロイド紙で広告は一切なし。これは民間ならではのアイデアである。
本市に置き換えてみるとやはり関空利用のインバウンド客をターゲットに行政が初めに動き、その後民間のアイデアと専門性を武器に魅力ある施設、観光スポットを作り上げて行くよう考えていくべき。

平成29年度厚生文教委員会行政視察報告

①平成29年11月8日(水)沖縄県宜野湾市 宜野湾小学校

②平成29年11月9日(木)沖縄県那覇市 那覇市立病院

①「ICタグを活用した登下校時の安全対策について」

過去に大阪でも痛ましい事件があり、保護者は子供を安心して学校に行かせられない時代となった今、全国でその安全対策を打ち出しています。本市に於いても、校門には守衛人を常時配備し、通学路にはボランティアで子供見守り活動をお願いし、車では学校周辺をパトロールするなどの人による対策と防犯カメラの設置や13小学校の内、11の小学校でICタグを子供に持たせるシステムを導入しています。今回視察した宜野湾小学校では本市のICタグに比べ、より学校が深く関与するシステムを導入しており、大阪に本社を置く銀行のシステム管理会社が全て無料で設置するものです。但し、保護者へのメールのお知らせを希望する場合のみ月額400円の有料で行うものでありました。

私の地元の第2小学校では未だこのICタグの導入を行っていないとのことで、費用が全額システム業者で賄う以上、是非このシステム導入に向けて積極的に働きかけて行きたいと思います。

②「独立行政法人による病院経営について」

本年、本市の旧市民病院である地方独立行政法人「りんくう総合医療センター」の経営悪化が表面化し、底地売却のより何とか現金不足を補ったが、本市より数年早く那覇市民病院が独法化し、一時は経営難に陥ったが再び収益改善状況にあると云うことで本市では2回目の視察となりました。30万以上の人口でさぞかし運営負担金も20億円ぐらい出しているのかと思いきや、2.5億円であると云うことにまず驚きました。ではなぜ再度改善出来たかを病院事務局長のお話しを総合すると、まずは経営陣の刷新が第一。次にはその新しい人がきっちり全ての分野に於いて分析し、データを掴むこと。また、那覇病院の場合は非常に優良な自治体病院経営が国から表彰された後、気の緩みが起こり、徐々に悪化してしまったとのこと。この気の緩みを最も強調されていました。もちろん本市とは環境も大きく違い、同じように行かないことは理解しているが、行政も議会もしっかり注視しながら共にりんくう総合医療センターを改善していくことが重要だと理解した。

編集

Print Friendly, PDF & Email