シェアする

関西学院大学創立125周年記念グリークラブ合唱コンサート

本日泉の森大ホールに於いて現役関学大生の男性合唱団コンサートが開催された。

特別コラボとして地元佐野台小と末広小の児童達で構成された合唱団がゲストで出演した。

グリークラブコンサートは2年に1回の開催だそうだが私は過去に前新田谷市長が卒業生の関係でXマスパーティーに来て頂いた時と初めて関空支部のイベントとして泉の森大ホールでの初コンサートを拝見した。

しかし今回はOBの方達も年齢を感じさせない素晴らしい歌声を聴かせて頂き、100人を超える全員での日本の唱歌はすごい迫力であった。

一番印象に残ったのは小学生達が歌った「群青」という歌でこの歌は福島原発事故でバラバラになってしまった南相馬市の歌で今もふるさとに帰れない状況でも前を向いて力強く生きて行く歌である。

この曲が歌い終わると会場から多くの人が涙している様子で心に響く感動の1曲であった。

Print Friendly, PDF & Email