シェアする

第4回泉佐野市観光づくりワークショップに出席して思うこと

わが町観光資源発掘のためのワークショップが早くも本日第4回目の開催となった。

講師として大分県日田市から佐藤真一氏を招き、本市で楽しんでもらいたい、お金を落として欲しいと思っているそうそうたるメンバーが多方面から集まって3時間みっちりとアイデアを出し合っている。

佐藤氏は福岡県で「バリュー・クリエーション・サービス」という会社の代表取締役で日本各地でその街の隠れた観光スポットをひねり出し、それに新たなアトラクションを付けて実際観光ツアーを作ってそれを実際売り出している。

これまでの3回は泉佐野市の山側エリアと海浜エリアそれぞれの観光スポットを洗い出し、それを観光ガイド風に言語化するという作業を行った。

今日は今現在最大のにぎわいを見せているアウトレットモールに来ている人達にもうあと3時間滞在してもらえる行程を考え出す作業をしたのだがこれがなかなか大変で皆でよく考えてみたのだが近くには本当にこれと云った魅力あるスポットが無いことが分かった。

私はあの巨額の投資をしたのに宝のもちぐされとも思える「りんくう公園」をもっと魅力ある公園に生まれ変わらせれば、まだまだ立ち寄ってもらえることが出来る素晴らしい公園だと思っている。

Print Friendly, PDF & Email