シェアする

大阪維新の会 地方議員拡大で改革を前に!

9月13日執行の和泉市議会議員選挙において、大阪維新の会公認候補の5人全員が当選を果たした。
今回の選挙は一時は無投票とのうわさもあったが、定数24名に対して27名の立候補者が立ち、3名の落選者というさほど激しい選挙にはならなかった。

今回の選挙を通じても、大阪維新の会の統一した公約の第一はまずは政治家が「身を切る改革」である。
和泉市の市議会議員の報酬は月額60万円であり、大阪維新の会の現職3名はこれまで30%のカットを自ら行って来た。
本来なら議会で削減案を出して市の財政運営に反映すべきだが、維新の会が削減案を出したがあっけなく否決されたと聞いている。
それでも現職の3名は報酬削減分を供託し、その後被災地等に寄付を行った。

また、議員定数についても削減案を出したが否決されたそうだ。

今回の選挙で維新は3人から5人に増えたが、身を切る改革を議会全体で進めるには他の会派に賛同してもらい、賛成多数工作をしなければならない。

選挙後には選挙で順位が決まり、しばらくは敵対心が残るが他の議員と協力し、相手の要望にも賛成し、こちらの要望にも賛成してもらえる努力が必要となる。

今回市民の負託を得た議員は、これからの4年間、日々勉強し、行政の無駄を見つけ、是正すること、そして市民の声を聞いて市にその要望を実現してもらうと同時に、政策を考え、執行部に訴えて具現化をすることを是非お願いしたい。

今回当選した維新の5名とは堺市以南でつくる20名を超える大阪維新の会泉州市町議員団で一緒に勉強し、私自身も常に改革を前に進めるようにこれからも努力する。

Print Friendly, PDF & Email