シェアする

橋下代表が維新国会議員の文書通信交通滞在費月100万円を公開!宣言

ここ最近、地方議員の政務活動費の使い道に関してはニュースにならない日はないと云っていいほど世間の注目の的となっている。そしてそのルールが各自治体によって大きな開きがあることが分かり問題となっている。

未だに領収書添付義務が無かったり、誰が見てもあり得ないような支出が議会事務局を素通りしていたりで一度もらったものは何としてでも返したくない心理がそこにあるように感じる。

さて、国会議員の政務活動費にあたるのが略して文書交通費なのだが、何と領収書添付義務が一切無いという信じられない制度になっている。各自治体は財政面に考慮して金額を20%カットしたり、30%カットしたりしている中で国会議員だけは月100万円という金額はカットしているとは聞いたことが無い。

そこで橋下代表は皆分かっているけど口にしてこなかったこの制度、マスコミも政権与党も野党も誰も手を付けてこなかったこのお手盛り制度に一石を投じると云う。

維新の党の国会議員だけがこの改革の第1歩として「公開」すると発表した。

これこそが「まずはわが身を切る」という維新だからこそが出来る改革と呼べるのではないだろうか。

Print Friendly, PDF & Email