シェアする

虎ノ門ニュースでの百田尚樹氏と松井一郎代表のトーク

昨日、「真相深読み虎ノ門ニュース」を初めて視聴した。かねてより知り合いから市議会議員ならば見た方が良いと勧められてはいたが、ネットで動画を見る習慣が無い為に初視聴となった。松井代表がゲストなので、感想を述べると維新の所属議員だけあった全ての意見に賛同であり、なぜか見終わった後すっきりした気分であった。それはきっと日頃の民放の変に偏った報道を見慣れているせいで、今の時代は心で思っていても言葉にする怖さが常にあって、マスコミによる洗脳で世間が一斉に標的をたたく風潮が蔓延しているからだろう。

その中で地上波では絶対に流さないVTRや発言がすんなり聞けて、それがすっきりした要因だったのではと感じる。特に都構想の住民投票については、的を得た感想と再度挑戦する勇気を語ってくれた百田さんには感謝したい。

私達地方議員の待遇に関する率直な意見も国民全体の意見だろうと思える内容で、フルタイムで働いていないのに給料が高すぎる。たとえ10%でも20%でもカットしてから市民の代表と云えと述べられたことは痛感した。泉佐野市では10%カットしているとはいえ、まだまだ民間レベルと比較すれば甘いと自分自身感じている故、年末の人事院勧告の給与アップ分は今も復興道半ばの熊本県に直接寄附をした。

わずかな金額かも知れないが自分自身にけじめをつけ、毎日フルタイム勤務のつもりでしっかり働いて行きたい。

Print Friendly, PDF & Email