シェアする

関西国際空港問題対策特別委員会の意見交換会と視察

12月16日金曜日、関西エアポート(株)5階会議室に於いて専務執行役員を始め人事部長、総務部長他7名の対応者との意見交換会と関空消防の視察を行った。
今年からオリックスとバンシからなる関西エアポートが運営開始し、9月末の10ヶ月で純利益75億円を計上するという順調なスタートとなった報告と第三ターミナルの説明など伺った後に私は神戸空港のコンセッションについての質問をしました。御答弁は今はまず関空が第一ですが、将来を考えると3空港一体運営は視野に入れると受け取りました。
何れにせよ観光立国として4000万人の訪日外国人を受け入れる関西の窓口としてさらなる発展が大いに期待出来ると感じました。
その後は民間の消防としての位置ずけである関空消防を視察し、許可を得て普段見る事ない最新鋭の動きながら消火する消防車を視察しました。
しかし寒かった!

Print Friendly, PDF & Email